命の決断|将来を明るく生きるための中絶という選択肢

doctor

手術の危険性

医者

思わぬ妊娠で東京のクリニックで中絶手術を受ける場合は、中絶手術が自分自身の身体や精神的に与えるリスクを知っておく必要があります。中絶手術は女性の心身ともにものすごく大きな負担になります。東京で手術を行なう際は、リスクを把握しておくことで不安を解消することが出来ます。

中絶手術のリスクは、中絶を行なう妊娠期間によって異なります。まずは妊娠初期場合を確認していきましょう。初期中絶手術では一般的に全身麻酔で手術を行ないます。その際には患者さんの体質によって、呼吸の一時停止、血圧低下といった身体的症状を引き起こすリスクがあります。また手術をする中で、子宮内に傷をつけてしまう可能性もあります。これはソウハ法、吸引法のどちらにもそのリスクがあるということを把握しておきましょう。また最悪のケースでは子宮に穴が開いてしまう子宮穿孔が起こるリスクもあります。次に中期中絶手術では、初期中絶手術よりもリスクは高くなります。薬で強制的に陣痛を起こすため、子宮の出入り口を広げる際に傷が付いたり、陣痛が強すぎた場合子宮破裂のリスクがあります。また手術の方法としては、普通の出産と変わらないため、人によっては大量出血をしてしまう可能性もあるのです。

東京のクリニックは、全国でも非常に安全性や技術が高いです。そのため中絶手術の際の思わぬトラブルを余計に心配しすぎることはありません。ですが、万が一の時を考えて何かしらのトラブルが起こることを想定しておくことは大切です。自分自身の身体に起こるかもしれないリスクを今一度把握しておくことが、東京のクリニックで落ち着いて中絶手術を受けるためには大切です。

Copyright©2015 命の決断|将来を明るく生きるための中絶という選択肢 All Rights Reserved.